攻略メニュー

メトロイドドレッドの探索で使えるテクニック

『メトロイドドレッド』には様々なアクション要素があります。当記事では過去作のテクニックから今作でも使えそうなものをピックアップし、どういった影響を与えるのかを考察しています。

目次

ボムジャンプ

『スーパーメトロイド』より

ボムジャンプ」はサムスがモーフボール状態の時に使えるテクニック。ボムの爆発に当たると反動でサムスが跳ねますが、これをタイミングよく連続で行えばジャンプで登って行けない高さの場所へ登っていくことができます。

やり方

モーフボール状態になってその場にボムを設置します。続けて1つ目のボムが爆発する前に2個目・3個目のボムを設置。あとは爆風を受けるのとボムの設置をタイミング良く行えば空高くジャンプすることができます。ボタン連打での設置もいけますが、手動では難しいのでリズムゲーみたいにタイミングよくボタンを押して設置していくことが成功のコツです。

メトロイドドレッドでのボムジャンプはどうなる?

19年ぶりのシリーズともあって今作でメトロイドを初めて触る方は多いと思います。メトロイドの代名詞であり、ハマるきっかけにもなる可能性を秘めているこの技は、今作でも序盤から使えるのではないでしょうか。

おそらくボムジャンプで行ける場所は「ミサイル」「エナジータンク」などサムスを強化するアイテムの入手には役立つと思いますが、さらに先へは特殊なミサイルが必要だったり進行への大きな影響は少なそうです。

キッククライム (壁ジャンプ)

『スーパーメトロイド』より

キッククライム」は壁を足場として三角飛びをする技。壁ジャンプとも呼ばれ、応用すると垂直ジャンプでひたすら登ることも可能になります。これを使えば通常とは異なるルートで進めることができるため攻略に幅広く役立つテクニックです。

やり方

壁に向かって回転ジャンプをし、壁に近付く直前に進行方向とは反対に十字キーを入れます。するとサムスの体制が変わるので、この瞬間にジャンプボタンを押せばキッククライムが成功します。

キッククライムがメトロイドドレッドに与える影響は?

ボムジャンプと並ぶ移動ハックテクニックですが今作でも使えるものと思います。特に、今作では壁ジャンプでいけそうな場所でもE.M.M.Iによる追跡があり、一筋縄では行けないエリアが出てくるのでは? E.M.M.Iにカウンターを決めた直後の一瞬でスキを突いて登るなど、制限された状況下で活かすキッククライムは面白そうです。

リコイルジャンプ (ダメージブースト)

『スーパーメトロイド』より

リコイルジャンプ」はダメージを受けた時の反動によるノックバックを利用したテクニック。ダメージブーストとも呼ばれ、ボス戦時の緊急回避として使われたり、反動を利用して高速移動ができるのでスピードランに使われたりします。

やり方

ダメージを受けた瞬間にサムスが向いている方向とは逆に方向キーを入れ同時にジャンプボタンを押すとできます。

リコイルジャンプがメトロイドドレッドに与える影響は?

リコイルジャンプがメトロイドドレッドで使える可能性は中程度と言ったところでしょうか。すぐには見つからなくても似たようなグリッジで緊急回避のような動作が生まれるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる