自宅はゲーセン?コロナ禍でおすすめの体感ゲームはこちら!

目次

コロナ禍でおすすめの体感ゲームとは?

運動不足におすすめの体感ゲーム

外で元気に遊ぶのが難しい昨今、何かと「遊び」が不足しているように感じます。こんなご時世だからこそ、強くおすすめしたい遊びを紹介します。それが今回のテーマである体感ゲームです。

ただ、一言で体感ゲームと言っても、課題となるのは費用面です。私を含む一般人は10万も20万もポンポン支払う事はできません。そのため、投資できる金額は3~10万以内で検討します。

実はお手軽な金額で購入可能

費用を抑えるなら元祖体感ゲームWii Fit

運動やちょっとしたリフレッシュ目的であれば2007年に発売された「Wii Fit」も選択肢に入ります。実は持っていて倉庫でホコリを被ってるなんて人も多いかもしれませんが、健康をテーマとしたゲームではよくできた内容となっています。

単に腹筋や背筋のような筋トレをするのではなく、体を動かすのを主体に楽しいゲームとしてまとめられているので、ちょっと体を動かしたいけど初期投資を抑えたい人には中古の購入やメルカリなどの選択肢もありです。

Switchのリングフィットアドベンチャー

中古品は嫌だけど、あまりお金をかけたくない人向け

2021年現在もテレビCMが行われるほど人気もあるゲーム。実際に遊ぶまでは私も「こんなのでトレーニングになるの?」と軽く馬鹿にしていましたが、実際にリングコントローラーを持ってみて出てきた感想は「流石任天堂…ぱねぇっす」の一言。

購入前は、かんたんにポキっと折れそうな輪っかで何ができるんだ。と思っていたのですが、それなりに丈夫であり両手で引っ張って伸ばす程度であれば壊れる事はありません。「ポケモン」や「あつ森」で遊んでいる子供と一緒に体を動かしつつ遊べるおすすめの1本です。

リングフィットが8700円前後、Switch本体が約3万のため、同梱版を買うと少しお得です。毎日30分~1時間ぐらいの運動を行うのにおすすめの一品です。

VRゲームのOculusQuest2

最新のVR機器がお手頃の値段で遊べる!

OculusQuest2は、ビートセイバーを筆頭に最新のVR技術を生かした体感ゲームが遊べます。金額は3万円台とVR製品の中では割安な点も魅力です。プレーステーションVRなども選択肢に上がりますが、プレイステーション4本体+VRと購入するよりも金額が抑えられる点も重要となります。

面白いスマホゲームが増えたことにより、「ゲーム機に電源を入れて遊ぶ」と1つのアクションにすら面倒となる昨今、プレイステーションVRを起動し遊ぶ手間を考えると、本体+コントローラーだけでかんたんに遊べるOculusQuestのお手軽さは大きなメリットとなります。

プレイステーションVRはおすすめ?

プレステ4のVRはおすすめしない

「マインクラフトユーザー」であればわかりやすい表現として、プレステVRはMODに非対応のソフトが多いです。そのため、自由度の高い遊び方ができません。特に例にあげた「ビートセーバー」は、好きな楽曲で遊べるかどうかが大きなポイントとなるため、MODの使えないプレイステーションVRは大きく評価を落とします。

また、2022年には新しいプレイステーションVRの噂もあるため、今すぐVR製品で遊びたい人はOculusQuestを、少し待ってもいいよって人は新規のプレイステーションVRの情報を見てから判断しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる