MENU

Apple Arcade– category –

Apple Arcade の始め方

STEP
まずはiOS13にアップデート!

『Apple Arcade』はiOS13以上で初めて遊ぶことができます。
iTunesや設定画面よりOSのアップデートをしましょう。

STEP
App StoreよりApple Arcadeのサブスクリプションを購入

iOS13に上げてApp Storeを開くと、画面の下部にApple Arcadeの項目が追加されています。ここをタップしてサブスクリプションを購入しましょう。

サブスクリプションは1ヶ月の無料体験期間があります

STEP
気になるゲームをダウンロード

契約が終わったらあとは通常のアプリをDLするのと同じように気になるゲームをダウンロードすれば遊ぶことができます。さまざまなアプリがあるので、ストアの動画やレビューを見て選ぶといいでしょう。

『ゆるゲ』では実際に遊んでみた「感想」や「つまずいたポイントの攻略」などを記事にまとめていきますので、ぜひブックマークよろしくお願いします。

Apple Arcadeとは?

『Apple Arcade』はAppleが提供するゲームの定額制のサービス。
月額600円程度で利用でき、うるさい広告はもちろん、アイテム課金による追加課金がないので、ゲーム本来の面白さを体験できます。

Apple Arcadeはユーザーにとっては安定したクオリティーのゲームの提供、開発者とっては開発費の問題から開放され本当に面白いゲーム作りができるシステムとして注目されています。

  • ゲームの定額制サービス (月額600円程度)
  • 広告やアプリ課金がなく最後までプレイできる
  • 家族6人まで共有OK
  • ほとんどのiOS製品でプレイができる
  • デバイス間でプレイデータの共有ができる
  • オフラインプレイが可能
  • スマホはApple Arcade独占、将来的にはその他のプラットフォームで配信される

登場の背景の考察

現在ストアには数多くのゲームが並び、自分に合ったゲームを見つけるのが難しく、日の目の見ることなく消えていく“面白いインディーズゲーム”、このクオリティーでなぜリリースしたんだろう・・・という“クソゲー”も少なくはありません。

このシステムはそんな大量のゲームの中からストアを分けることで販売における一定のクオリティーが担保できます。さらにAppleが目のある優秀なディベロッパーを見つけ、安定した開発資金環境を提供し囲い始めることで、『Apple Arcade』というブランドを確立するのが登場の背景にあるのではないでしょうか。

Googleが展開する『STADIA』やEpicgamesの『Epicgames store』、Valve Corporation『STEAM』と成長を続けるゲームストアの戦いに注目していきましょう。