ゼノブレイドDEは買い?クリア時間は?スイッチ版レビュー

2020年5月の期待作『ゼノブレイド ディフィニティブエディション』。
本作はWii/3DS版の画質を向上させたリマスター版となります。

本記事ではSwitch版は買いなのかどうかをリマスターやボリューム感からレビューしています。

目次

過去作との違い

追加ストーリー「つながる未来」が収録

Switch版『ゼノブレイド』と3DS/Wii版との最大の違いは追加ストーリー「つながる未来」が収録されています。このモードは買ってすぐタイトルから始めることができるため、過去にやりこんだ方は本編をクリアすることなく追加ストーリーだけを楽しむことが可能です。

つながる未来編のクリアまでのプレイ時間はサブクエも入れて10時間程度
サブクエやノポンジャーイベントと言ったコンテンツでは本編では描かれなかった結末が?!

タイムアタックが追加

本編にタイムアタックが追加されています。報酬として新しい装備などが手に入ります。
タイムアタックは本編4章に入ってすぐ可能です。

上級者モードが追加

オプションの設定に「上級者設定」が加わりました。この機能を使うとEXPをストックし、レベルの上げ下げが自由にできるようになります。これによりレベル差の影響が大きい本作の問題点が改善され、例えばレベルを上げすぎて簡単になってしまった場合でも、レベルを下げればストーリーの重要なバトルに緊張感を加えることができます

なお上級者設定は本編とつながる未来のどちらでも・いつでも可能です。

全体的な画質が向上

本作ではWii版と3DS版に比べてモデリングやテクスチャが綺麗になっています。なお海外のメディアの検証によると『ゼノブレイドDE』の解像度は可変式で、TVモード時は540~720p、携帯モードで378~540pとなり、遊ぶ環境で異なります。

ゼノブレイドDEは買い?

“決定版”としてコレクション性の高い仕上がり!

『ゼノブレイドDE』はファンなら保存版として買いです。正直、画質に関してはムービー以外プロモーションビデオほど綺麗になっていないのが残念なところでしたが、遊びづらかった点や問題点を改善したリマスター版としての満足度は高く、「決定版」の名に恥じないコレクション性の高い作品に仕上がっています。

真新しさは特になく追加ボリュームの少なさや移動がネック

過去作をやりこんだファンに考慮し、ディフィニティブエディションで追加されたストーリー「つながる未来」を、本編をクリアすることなく遊べるのは良かったと思います。しかし、早ければストーリー自体は5時間程度でクリアできる量で、サブクエもお決まりのマラソンとお使いクエのため消化していく感じが強く、追加コンテンツだけを目当て購入をすると少し物足りなさがありました。せめてダッシュがあればもう少し新鮮な気持ちで楽しめたかもしれません。

本作未プレイであればユーザーを選ぶ作品

『ゼノブレイド』自体はJRPGの1つの時代を創った作品として有名ですが、あくまでも本作は決定版としてのリマスターです。過去にゼノブレイドをやったことがなくSwitchの新作ゲームとして購入すると新しい体験がなく、期待ハズれになってしまう可能性が高いです。現代的なゲーム体験に慣れているユーザーにはシステム面、オープンワールドの自由度、キャラクターの動きなど、どうしても古臭く感じてしまう部分があるので、そこは10年前のゲームであり「2010年の名作JRPG」と、念頭に置いてプレイすれば楽しめるとは思います。

以上、『ゼノブレイド ディフィニティブエディション』のレビューでした。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる