聖剣伝説3(体験版)3月18日より配信中

目次

聖剣伝説3ってどんなゲーム?

聖剣伝説3は、スーパーファミコンで発売された名作ゲームの1つです。

シリーズとしては「ファイナルファンタジー外伝 聖剣伝説」として発売され、本作は3番目のタイトルのリメイク作品になります。

今でこそ多くのゲームで採用されているシステムですが、魔法や道具などのコマンド(命令)や、レベル・ステータスなどのRPG的な要素と、攻撃を避ける、剣を振る・走る・魔法を使うなどのアクションゲームの要素のいいとこ取りをした当時には画期的なゲームでした。

聖剣伝説3の魅力

重厚なストーリー

複数のキャラクターが存在し、それぞれのキャラクターが冒険に挑む動機が存在します。ゲーム開始時に主人公となるプレイヤーキャラクターを選択し、そのキャラクターを中心としたオムニバス形式のシナリオが魅力で、それぞれの物語を知るために何周も遊べてしまう面白さも聖剣3の魅力の一つです。

自由度の高い育成システム

レベルアップ時に、ステータスを割り振ることができます。

例えば、力ばかりを強化したゴリマッチョキャラクターや、賢さを伸ばし、魔法やスキルを連発するなど、自分の育てたいキャラクターを作り上げることができます。

ステータスだけでなく、習得するスキルやジョブチェンジなども存在し、バランス良くステータスを伸ばすもよし、力のみに絞って遊ぶもよし、痛いのは嫌なので、防御力に極振りするのもよしと同じキャラクターでも大きく違った能力を発揮します。

名曲揃いのBGM

聖剣伝説3自体は、25年前に発売したゲームですが、今でもYoutubeやニコニコ動画に演奏してみたやBGM自体が並ぶ人気です。

シリーズ通して流れるオープニングのしんみりとした雰囲気や、これから大冒険を行うワクワク感に溢れる「Swivel」などは多くの人が認める名曲になります。

曲だけで物語のシーンが思い出せるBGMは、今でも作業用BGMとして聞くことが多いです。

魅力的なキャラクター

登場するキャラクターは6人(追加キャラクターなどがいなければ)それぞれが主人公として独立しているため、どのキャラクターを選択してもゲームを最大限まで楽しむことができます。

どのキャラクターで物語を進めるかが論争の種になりますが、時間が許す限りそれぞれのシナリオを1回ずつは楽しんで欲しいです。

聖剣伝説3の体験版

キャラクターのモデリングは元がドットで表現されていたため大きく進化し、デフォルメの強い3Dモデルとなりました。

ドット絵のときは気になりませんでしたが、随分と過激な衣装を身にまとっているようです。全く昨今のゲームはケシカラン。

その肩パットはどういう仕組で何をガードしている物なのか?というツッコミを入れるのは無粋です。

BGMも原曲を元に作り直されており、サントラの購入を検討するレベルで名曲が揃っています。

ムービーだけ綺麗に作られているゲームもありますが、イベントムービー以外もクオリティは変わりません。どの角度から見ても精巧に作り込まれています。

メニューの並びなどはオリジナルの聖剣伝説3のシステムに近いレイアウトです。オリジナルのリンクメニューも存在します。

他に賛否がありそうですが、物語を進行するキーとなるNPCがマップ上に表示されるため、無駄に彷徨ったり探し回る必要がない点はRPGが苦手な人にはありがたいかもしれません。

ここから先が酷評部分です

段差ジャンプ

非常に残念に感じたのは自由度の低さです。

スーパーファミコン時代にRPGのテンポの悪さや、アクションゲームのストーリー性の薄さをクリアする新ジャンルとして登場した聖剣3ですが、スーパーファミコン時代に感じた感動は体験版では感じませんでした。

例えば、上のスクショのようにジャンプで飛び降りてショートカットできそうな段差でも、物語の進行に不具合が起きる場面では飛び降りることができません。※自由に動き回れる場面もあるためケースバイケース?

自由度の高いアクションゲームに置いて不自由を感じます。※ゼルダの伝説BOWやGTAなどと比較すると…なのでRPGとしては自由に動き回れます。

リメイク作品としては評価が難しいですが、元の建物のサイズ感を忠実に再現しているところがあり、今のキャラクターの頭身では街が狭く感じる点なども個人的にはマイナスでした。

個人的に最もひどいと感じた部分は、「2人プレイの廃止」です。

RPGを複数人でワイワイ遊べる稀有なタイトルだったので、1人専用となったのは非常に残念でした。

聖剣伝説3の製品版は買う?

非常に際どい所です。

物語・曲・キャラクター・世界観は大好きな部類のタイトルですが、どうしてももう一步「買い」を選択するひと押しが足りないと感じています。

ただし、これは転職や育成システムを最大限まで楽しんだわけではなく、あくまで序盤のほんの少しカジッただけに過ぎません…。

そのため、聖剣3が本当に楽しくなるジョブチェンジなどのシステムを触っていないため判断するのは早計かもしれません。

アクションゲームや自由度の高いゲームを求める人にはあまり向いていないように感じます。ただ、以下の項目に該当する人には強くおすすめしたいタイトルです。

  • 聖剣伝説3の物語をちゃんと観たことがない
  • リースの見た目が好きな人
  • 聖剣シリーズは3が至高だと思っている人
  • 聖剣3の物語を声優が演じ、きれいなムービーを楽しみたい人

 

目次
閉じる